太陽光発電ってどれくらいおトクなの?片岡さん家の場合 | 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

太陽光発電ってどれくらいおトクなの?片岡さん家の場合

エコキュートやIHヒーターの普及によってオール電化が主流になりつつある今、太陽光発電システムの導入を検討する人は年々増えているそうです。

そこで今回は、2019年の冬に太陽光発電システムを導入した片岡さんご夫妻のご自宅にお邪魔して、一年間使ってみた感想と実際にどれくらい電気代がお得になったのか、聞いてみました。

田園風景が広がるのどかな町。近くには河北潟も。

ご自宅があるのは金沢の北側にある町。日当たりは金沢の市街地と、さほど変わりはありません。ちなみに金沢市は全国的にみても日照時間はかなり短い方。果たしてそんな地域でも太陽光発電の恩恵は受けられるのか。そのあたりも気になるところです。

笑顔がお似合いの明るいご家庭。昨年冬にマイホームを新築した。

こちらは片岡さんご家族。ご主人の裕司さんと奥様の弥生さん、ふたりの息子さん、マダム猫・ムーちゃんの4人+1匹で暮らしています。

余った電力は無駄なく売る!

なぜ、太陽光発電システムを導入しようと思ったんですか?

オール電化にする予定だったので、もともと太陽光発電には興味がありました。ただ、導入コストと北陸の天候が気がかりなのもあって、まずはお話を聞くことにしたんです。

実際に説明を聞いて、どうでしたか?

思ったよりも安く導入できるんだなと思いました。電気も売れるし、10年稼働すれば十分もとは取れる。日照時間の短さにしても、太陽光パネルの質が上がっているので、それほど問題にならないと聞いて安心しました。

そうそう、余った電気は売ったりできるんですよね。

とくに面倒な手続きもなく、売った分の電気代が口座に入金されるんです。これまで多かった月だと10,000円以上、年間にすると100,000円近くのの金額が電力会社から振り込まれました!


ここで豆知識!

固定価格買取制度(FiT)とは、ソーラーパネルで発電した電力のうち、自家消費しなかった分を契約時から10年間にわたって固定の金額で電力会社が買い取ってくれるシステムのこと。固定なので長期視野での売電収入が試算できる。


こたつでぬくぬくインタビュー。

片岡さんご夫妻が施工を依頼したのは、屋根のプロ集団「ナカタケ」。伝統的な瓦屋根の葺き上げや、最新の太陽光発電を提供する「屋根づくり」に定評のある会社です。

なんとここ5年の間に1,000件近くの太陽光パネルを設置したんだとか。すごい!

ここで太陽光発電システムとはなんぞや?という方たちのために、ちょっとおさらい。

太陽の光がどうやって電気になって、使用したり、売られていくかといいますと…。

① 太陽電池モジュールを搭載したソーラーパネルが太陽の光を受けて発電
② パワーコンディショナーによって、電力を家庭で使える交流電流に変換
③ 屋内用の分電盤が家庭内のコンセントや照明に電力を供給
④ 電力メーターが売った電力と買った電力を計測

といった具合で、わりとシンプル。

また、最近では自家消費率を格段に向上させる蓄電池も人気。昼間にあまった電力を売るのではなく、夜間など太陽光発電をしていない時間帯に使うことでより電気代がお得になるそうです。

片岡さんの家の屋根には4.5kwのソーラーパネルが設置されている。

パワーコンディショナーは外壁に設置。

エコの意識も高まります。

さて、太陽光発電システムを導入してから、もうすぐ一年が経とうとしている片岡家。

一体どれくらい電気代はお得になったんでしょうか?

モニターをみると、昨年11月から今年10月までの一年間で発電した電気量は5,782kw。家庭で使用した電気量の合計は7,494kwで、自給率が77%となっています。これって家で使っている7割の電気を、太陽光でまかなっているってことですよね?

はい、そうです。発電ができない夜や冬場は、どうしても電気を購入しないといけません。なので100%とはいきませんが、それでも優秀だと思います。

発電量に対して、自家消費量と売電量という数字が表示されています。これは?

自分たちで使った分が2,384kw、北陸電力に売電した分が3,398kw。今年は長梅雨(7月)の影響で全国的に発電は悪かったみたいですが、それでも年間約90,000円分の電気が売れました。

となると自家発電ができない時間帯に購入した電気量は約1,700kw。具体的な金額は契約する料金プランによって変わりますが、売電した分のお金を考えるとお得なのが分かりますね!

季節によってムラはあるけど、年間トータルしてこれくらい光熱費が抑えられるとだいぶ助かりますね。設置費用が100万円ちょっとだから、長い目でみても設置して良かったと思っています。

ステイホーム時代に電気代を削減できるのはうれしいところ。

電気代の削減以外に設置して良かったと思うことはありますか?

今現在の電気使用量がモニターに表示されるので、家族全体が省エネに対する意識が高まりましたね。

キッチンから目の届く場所にあるから、どれだけ使ってるかすぐ分かるんです。あとは災害などで停電が起こったときも太陽光が発電さえしていれば電気が使えるのは安心ですね。

モニターによって使用する電力を見える化。節電意識が高まるとの声も多い。
ペットが快適に過ごせる室内環境をキープできるのも、太陽光発電のおかげ。

電気代の節約や省エネに貢献するだけでなく、さまざまなメリットがある太陽光発電システム。オール電化の家づくりをするさいは、検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社ナカタケ

石川県金沢市須崎町ロ266
TEL.0120-037-241
HP/http://www.nakatake-wp.com/

新着記事NEWS

もっと見る