狭い土地に広く住む!居住空間を縦に伸ばす〈3階建て〉という選択肢 | 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

狭い土地に広く住む!居住空間を縦に伸ばす〈3階建て〉という選択肢

石川県内で土地をお探しの皆さん。
とりわけ金沢市内では、満足に広さのある土地ってどこも高い!と思いませんか?

今回は、土地の高さに嘆く皆さんにぜひ見ていただきたい物件をご紹介します。

それは〈ハウスプロデュース キズナ〉が手がける3階建てのモデルハウス。
金沢市保古町にあるこちらの物件には、狭小地に家を建てるヒントが満載です。

場所はこちら。

3階建てのお家を拝見!

「3階建て」って聞くと、なんとなく隣近所に圧迫感を与えそうなイメージがあったけど、物件を見てみると、街にしっくり溶け込んでいますね。

では、さっそく中を拝見してみましょう。
お邪魔します!

広さを取った開放感のある玄関。

どうやらリビングは2階にあるよう。
階段を登ってみます。

2階にあるリビングに到着。広々とした空間は約20畳。

狭小地に建てられたとは思えない広々とした居住スペースに驚きを隠せません。

本日こちらの物件を案内してくれるのは、
〈ハウスプロデュース キズナ〉のアドバイザー、松登(まっとう)さん。

3階建ての注目度が上昇中。

3階建てはどんな人に注目されているんですか?

最近の金沢市内では、なかなか広い土地が出なかったり、あってもめちゃくちゃ高かったり。狭小地とか、形がいびつだったりする土地でも、3階建てなら広く暮らせるということで注目を集めているんですよ。

最近だとどんな方が3階建てを建てたんですか?

ファミリー層がメインですが、「お家は欲しいけれどそんなに大きな土地はいらないしコンパクトに暮らしたい」ということで、最近はシングルマザーの方や、一人暮らしの方もいらっしゃいました。

こちらのモデルハウスの土地は28坪。
中に入ってみると、28坪とは思えない開放感のある空間が広がっています。

土地が28坪と言っても、床面積は39坪弱くらいあるんですよ。4人家族を想定した作りで、3階には子供部屋が2つありますし、駐車スペースも3台分確保できました。

間取りの工夫を教えてください。

3階建てを作るときのオススメの間取りってあるんですか?

それは好みにもよるんですが、だいたいは1階に寝室を持ってきて、2階リビング、3階子供部屋という間取りが多いですね。2階リビングで居住空間を1階と3階に分ける2世帯住宅にする方もいらっしゃいますね。

1階はエントランスと主寝室。左手にはシューズクロークがあり、目の前には広めの納戸。

余分なものを2階以上に持っていくのは大変なので、3階建てを作るときは1階に収納を多めに作っておくと暮らしやすいんですよ。

エントランス左側に位置する主寝室。

寝室も広いですね〜。
ウォークインクローゼットもあって、使い勝手が良さそうです。

お次は2階に移動します!

2階がメインの生活空間になっている。

やっぱりリビングは広いですね!

28坪の土地でも全然問題なく、十分に広いリビングを作ることができるんです。普段、20坪とか、最近では16坪というお客様もいて、28坪というと広いのかなと思うようになってきたんです。

いろんな狭小地のお悩みを解消してきた実績があるからこその力強い言葉!

キッチンの横はお風呂と洗面所。効率的な家事動線で使い勝手が良さそう。
洗面所も広々スペース。

お次は3階に移動してみましょう。

3階の子供部屋。将来的に間仕切りができるような作りになっています。
子供部屋前のフリースペース。

こちらのフリースペースは洗濯物を干すもよし、棚版を設置してパソコンスペースにするもよし。ライフスタイルの変化によって、自由に使うことができます。

デザインはもちろん〈性能〉が自慢。

ハウスプロデュース キズナが建てる家は、狭小地に強いことだけではなく、夏は涼しく冬あったかい「気持ちよく心地よい」ことでも評判を集めています。

心地よい家の秘密はどこにあるんですか?

ズバリ「ソーラーサーキット」です!

ソーラーサーキット???

はい!「ソーラーサーキット」というのは、株式会社カネカソーラーサーキットという会社の工法なのですが、断熱材の使い方に特徴があるんです。通常の一般工法だと内断熱にすることが多いんですが、ソーラーサーキットは外装材・断熱材・内装材で家全体を三重に包んで、家全体に気流の通り道を作っているんです。

家を三重で包む…?

図で見た方がわかりやすいかもしれないですね!

出典:株式会社カネカソーラーサーキットHPより

こちらの図のようになっていて、床下と壁と屋根部分に通気層を設けています。夏の暑い時は通気口を開いて暑気を外に逃がし、冬の寒い時は通気口を閉じてあたたかい空気を逃さないようにできるんです。

それはすごいですね!

出典:株式会社カネカソーラーサーキットHPより

こちらは「SCナビゲーター」といって、季節の設定と外気温感知による自動通気制御システムです。屋外の温度変化をセンサーが感知して通気モードを自動切換してくれるんですよ。

モデルハウス3階には、断熱材の使い方が見られる模型も展示。

さらにこちらの24時間換気システムに除湿ユニットを組み合わせると、室内からジメジメした湿気を外に逃がして、一年中カラッと気持ち良い空気で過ごすことができるんです。

まるで家全体が、ひとつの空気清浄機みたいですね!

そうなんです!常に空気が循環しているので、匂いがこもりにくいという特徴もあるんですよ。焼肉やカレーなど、ちょっと匂いの強いお料理をしても、1〜2時間後には全く気にならなくなるんです。ペットを飼っていらっしゃる方にも好評ですよ。

シューズクロークを設けてもペットを飼っても、常に空気はクリーン。

私自身もこの工法で建てたお家に住んでいるんですが、匂いが気になったことはありませんし、夏場も冬場もエアコンをつけっぱなしにしなくても家全体が適温で快適なんですよ。

電気代の節約にもなりそうですね。

こちらの換気システムは、仮に24時間ずっとつけっぱなしでも、電気代は1ヶ月に850円程度。エアコンも時々つけるくらいで十分なので、その分電気代は節約できると思います。

そうなんですね!
ところで、こちらの窓、金属製じゃないんですね。

真っ白な枠が可愛らしいサッシ。

こちらのサッシ、じつは断熱性のある樹脂でできているんです。冬もほとんど結露することがないので、カビやダニの心配がないんです。

じゃあ、冬に恒例の窓に落書きは…

それは残念ながらできなくなっちゃいますね(笑)

自信があるからこそ、泊まってみてほしい。

お家づくりはついついデザインばかりが目に行ってしまうけれど、実際のお家は「見るもの」ではなく「暮らすもの」。

性能に絶対的な自信があるハウスプロデュース キズナでは、こちらの物件で一泊して実際に住み心地を体験できる〈試住〉を行なっています。

内覧会で見るだけではなく、ぜひ実際に泊まっていただいて、住み心地を体感していただきたいと思っているんです。

実際に泊まった方はなんておっしゃっていましたか?

2月くらいに泊まっていただいた方が、朝あまりに部屋があったかいので「今日はあったかいのかな?」と薄着で外に出たらやはり寒かったとおっしゃっていました。あとはアレルギーのある方で、いつもは朝起きたら鼻水が止まらないんだけど、ここに泊まったときは大丈夫だったとか。

いつもは夜泣きをする赤ちゃんが、快適な温度だったからか一度も起きず、朝までぐっすり眠ってくれたという方もいらっしゃいましたよ。

モデルハウスの立体設計図。

キズナの家の〈住みやすさ〉はぜひ一度体験してみてほしいです。私自身も、もうこの工法以外の家には住めないなと思うくらい快適なんです。

十分な広さのある土地に巡り会えないという方はもちろん、家を建ててからの快適さや健康な暮らしを重視する方は、一度〈試住〉してみてはいかがでしょうか。

現在、「保古町モデルハウス」のバーチャル内見会を実施中!

「りくつな家」公式LINEアカウントから今すぐ簡単にバーチャル内見会に参加ができます!

キャンペーンとして、バーチャル内見会にアクセスしていただいた方から抽選でデジタルギフト1,000円分プレゼント!

まずは友だち追加ボタンをクリック
↓↓↓↓↓↓

友だち追加

※すでにお友だちの方もこちらのボタンからお進みいただけます。


LINEキャンペーンの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓
https://rikutsunaie.com/line/

保古町モデルハウス

住所/金沢市保古町ホ126番地
申し込みフォーム/https://www.hp-kizuna.co.jp/taiken
試住/無料

HOUSE PRODUCE KIZUNA

ハウスプロデュース キズナ
石川県金沢市保古2-58
TEL.076-269-3335
受付時間/10:00〜17:00
定休日/水曜日
ホームページ:https://www.hp-kizuna.co.jp/model

新着記事NEWS

もっと見る