コスパ最強!ガツガツ使えるデイリーな器を〈inishie〉で発掘 | 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

コスパ最強!ガツガツ使えるデイリーな器を〈inishie〉で発掘

暮らしの道具として、食卓に彩りを添える器たち。毎日使うものだからこそ、気に入ったものを選びたいですよね。

そこで注目したのが、最近じわじわと人気を集めている年代物の器たち。ひとつひとつに味があって、使うほどに愛着が増していくんです。

そんな表情の豊かな器が、もし手ごろな値段で手に入れられるとしたら…。

ターコイズブルーのデリボーイを目印に。

大豆田大橋のすぐ近くにある『inishie』は、食器を中心とした古道具やヴィンテージ雑貨をセレクトするお店。

店内には、陶器やガラス、木の器など、世界各国から集められた器たちが、キレイに並べられています。

木の温もりに包まれた店内。ハンドメイド雑貨も販売している。
こちらは2階の部屋。個性豊かな一点ものも数多く取り扱う。

トレジャーハンターになった気分で

オーナーの森田佳宏さんのこだわりは、味のある器をできるだけ安い値段で提供すること。

食器は使ってこそ価値があるもの。劣化したり壊れたりするのを気にせず、好きなものをガンガン使って欲しいですね。

ちなみに一般的な相場とは関係なく、あくまで森田さんの感性によって値段を付けているので、掘り出しものが見つかることも結構あるそうです。

宝探しをするような、ワクワクする気持ちを大切にするお店。これが『inishie』が、県内外を問わず人気を集めている理由です。

元プロサッカーコーチ&アパレルブランド経営という華々しいキャリアをもつ森田さん。飲食店関係者からの信頼も厚い。

ここからは目利きのプロである森田さんに、古い器との付き合い方を聞いてみました。

失敗してもいい、続けることの大切さ

ヴィンテージや古道具の器を上手に取り入れるコツってありますか?

自分の感性に合ったものを使い続ける。これって意外と大事なことで、流行とか値段に左右されず、自分の第一感を信じて買ったものほど長持ちするんですよね。

「ビビビ!」ってやつですね?

そういった積み重ねが自分の色になっていく。失敗することもあるけど、物の本質を見抜く力が養われたり、感性が磨かれると思うんです。

好きな器が並んだ食器棚そのものが、日々の暮らしを豊かにする。

毎日ガツガツ使える器って、どんなものがありますか?

ストーンウェアのボウル皿なんてどうですか?一人分のカレーやパスタを盛り付けるのにぴったりのサイズ感で、とても使いやすいと思うんですけど。

いいですね!浅すぎず、深すぎず。ほかにもサラダとかスープにも使えそう。こういう器がひとつあると便利なんですよね。

ストーンウェアは炻器とも呼ばれる陶磁器の一種で、硬くて丈夫なことでも知られています。なので物理的な意味でもガツガツ使えるかと。

見た目はシンプルなんだけど、風合いにも温かみがあるし。どんな食卓にもマッチしそうですね。これ欲しいなぁ。

直径20センチほどのなんでも盛れちゃうサイズ感。2,000円。

小皿とか豆皿も、色んな用途に使える万能アイテムとして重宝しますね。

デザインも可愛いものが多いし、集めたくなっちゃいます。

とくに古い年代のものは、丁寧に仕事してるなぁと感じることが多いです。奇抜なデザインの器も豊富で、食卓のアクセントにもなるんですよ。

大皿はシンプルにして、小皿でメリハリをつける。季節感も出せるし、そう考えるといくつあってもいいのかも。

色とりどりの小皿。そのほとんどが500円前後で売られている。

意外と丈夫なガラスの器

個人的には色のついたガラスの器が好きなんですよ。どこかノスタルジックな雰囲気があるというか。

わかります!私も一時期アデリア60のコーラグラスを集めてました(笑)

肉厚のものは耐久性があるし、花器やインテリアにも使えるようなオシャレなものも結構多いですね。

小さめのグラスなんかは小鉢にも使えそう。デイリーユースしやすいのは魅力ですよね。

ヨーロッパ、アジア、南米などから集められたガラスの器。
アルゼンチンで手に入れたというティーカップ。800円。

さっきから気になっていたんですけど、この木の板ってなんですか?

これですか?じつはこれ鍋敷きなんです。

えっ?どこの国で買い付けたんですか?

これ僕がハンドメイドしたものなんですよ。木材をパッチワークのように組み合わせて。

そうだったんですか!

ほかにもイスとかの家具も作ってるので、もし良かったら器と一緒に見てくださいね!

鍋敷きとしてだけでなく、植物を飾ったりとさまざまな用途に使える。
食卓に温かみを添えてくれる木の器。手に取ったときの質感も心地よい。

どこか温かみがあって、親しみやすい雰囲気を感じさせる古い器たち。年月を経て、味わい深さを増した器を取り入れて、毎日の食の時間を楽しくしちゃいましょう。

Inishie

イニシエ
石川県金沢市大豆田本町ロ-49
TEL.076-299-8427
営業時間/11:00~20:00
定休日/水曜日
駐車場/あり
※こちらの情報は取材時点のものです。

新着記事NEWS

もっと見る