20代で家を建てる。モノトーンを基調にしたホテルライクな家。 - 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

20代で家を建てる。モノトーンを基調にしたホテルライクな家。

春の到来を予感させる、ポカポカ陽気の昼下がり。とあるご夫婦の新居が完成したと聞いて、さっそくお邪魔してまいりました。

ご夫婦が建築を依頼したのは、以前にも紹介したことのある〈FeeL Design〉

デザイン性、実用性、機能性のバランスに優れた、シンプルモダンな設計に定評のある石川県金沢市の住宅会社です。

【関連記事】日常が非日常になる空間。FeeL Designが手がけるモノトーンの家

すっきりとしたモノトーンデザインが印象的。

目の前に広がる白と黒の世界

ご自宅のある住所を目指して歩いていると、それらしきお家を発見。

「モノトーンにこだわった家」と聞いていたので、こちらで間違いないでしょう!

シンプルな色合いでありながら、スクエアフォルムがきわだった存在感のあるお家となっています。

それではお邪魔してみましょう。

扉を開けた瞬間から始まるホテルライクな生活。大容量のシューズボックスは全面ミラー貼り。

2階リビングにつながる階段まで、一直線に伸びた玄関通路。インテリアなしでこれだけオシャレに見えるのって、すごいと思いませんか?

ポイントとなるのは照明。モノトーンの空間に点灯感を抑えたダウンライトを取り入れることで、ホテルのような洗練された雰囲気を演出しています。

「家にいながら非日常的な気分が味わえる空間にしたかった」という、ご夫婦のこだわりがうかがえますね。

一体ここから先がどうなっているのか、ワクワクします!

階段の吹き抜けには大きな窓を設置。

階段を上がると心地の良い太陽の光が、差し込んできました。

玄関の落ち着いた印象とはうってかわって、こちらは明るく開放的。光の効果によって空間にメリハリが生まれています。

こちらがご夫婦の生活拠点となるリビング。

どうですか!まるで海外のドラマや映画に出てきそうな、このスタイリッシュな空間は。

本当に人が住んでいるの?と疑ってしまいますが、実際にご夫婦が暮らす正真正銘のお家なんです。

LDKは26畳の広さ。部屋数を少なめにする代わりに、それぞれの部屋を広くして生活空間にゆとりをもたせています。

今回、ご自宅にうかがった戸井さんご夫妻。美男美女!

戸井さんが〈FeeL Design〉を選んだのは、そのデザイン性にひと目惚れしたから。

いくつもの展示場や内見会をまわる中で、扉を開けた瞬間に「ここだ!」とふたりの意見が一致したそうです。

決め手となったのは現実的な予算感。設計から施行までをワンストップで請け負うことで、デザインの再現性とコストパフォーマンスを最大限に発揮する〈FeeL Design〉ならではといえます。

そんな自慢のマイホームについて、こだわりを聞かせてもらいました。

お家のこだわりポイントを教えて!

なぜ、モノトーンにこだわったんですか?

生活感のないホテルのような家に憧れていて。家の中はできるだけシンプルな色でまとめたかったんです。

モノトーンのすっきりしたデザインを生かすために、インテリアを最小限に抑えて、生活感を出さない工夫もしました。

内装だけでなく、家具や家電まで白と黒で統一されてますもんね。実際に暮らしてどうですか?

とても住みやすいです!2階リビングなので、これからの季節は風が気持ち良さそうだなって。

開放感バツグンの大きな窓がご主人のこだわりポイント。逆側の壁には開閉式の小窓が付いているので風通しも◎。

そうそう。2階リビングもこだわりだったんですか?

2台分のインナーガレージの設置が絶対条件だったので、必然的にリビングは2階になりました。日当たりのことも考えると正解でしたね。

北西向きのリビングでも、2階でこれだけ窓が大きいと十分な明るさがありますよね。

外からの視線を気にせずに生活できるのもポイントです!

75インチの大型テレビは壁付け、テレビボードも造作することで、リビング全体がすっきりと引き締まって見える。

黒で引き締めたおしゃれなキッチン。

キッチンもモノトーンで統一されていますね。

こっちはブラックをベースにして、リビングとの空間にメリハリをつけました。

たしかにフロアも大理石調のブラック系で、リビングよりも空間が締まってみえます。

キッチンは必要なものが多いけど、ゴチャゴチャした印象になるのは嫌だなと思って。使いやすさも考えながら、できるだけ「見せない収納」をテーマに棚なども造作してもらいました。

キッチンの向きもこだわりました。ここから眺める景色が、お気に入りなんです!

冷蔵庫やレンジなどの家電もモノトーンで統一するこだわり。
キッチンから見た景色がこちら。

キッチンの奥には、現在はストックルームとして使用する洋室と、夫婦共有のウォークインクローゼットがありました。

ウォークインクローゼットの一部分。夫婦共有でもゆったりの広さ。

2階の間取りはおおよそこんな感じ。つづいて1階も見てみましょう。

趣味の部屋にもなる大人シックな寝室。

広々とした空間に、クイーンサイズのベッドのみが配置された贅沢なベッドルーム。

こだわったのはスリット状の間接照明と大迫力のホームシアター。リビングとはまた違った形でオフタイムを過ごせる空間となっています。

大胆なスリット照明がベッド周りを明るく演出。横のラインが強調され、空間に広がりも感じられる。

寝室もこれまたオシャレですね!本当にホテルに来たみたい。

こっちはリビングよりも落ち着けるように、間接照明をメインにした空間にしてもらいました。

こういった自分が思い描く雰囲気を、設計士さんに伝えるのって難しくないですか?

そんなに難しかったかな?

建築士さんが3Dのソフトを使ってシミュレーションしてくれるんですけど、その提案がどれも自分たちの理想に近いものばかりで。最初に大まかな要望を伝えたあとは、スムーズに話が進んでいきましたね。

照明一体型のプロジェクター「popIn Aladdin」を天井に設置。

洗面所と脱衣所は。

水回りは…。あれ?部屋が3つあります。

洗面所、脱衣所、お風呂ですね。

あっ!そういえば最近、洗面所と脱衣所を分ける人が増えているそうで。なにか理由はあるんですか?

僕の実家がそうだったのもあるんですけど、朝の忙しいときでもお風呂と洗面所を同時に使えるし、お客さんに洗面所を貸しやすいですね。

洗濯物はどうしても生活感が出るし、女性としてもなるべく隠したいというのが本音なんです。

たしかに!うちも来客があるたびに洗濯物を隠してます(笑)。

手前が洗面所、その奥が脱衣所となっている。
モノトーンカラーでシックに演出されたバスルーム。

こちらのお風呂は、奥様のこだわりだそうですね。

一日の疲れをリセットする場所として、非日常的な感覚が味わえる空間にしたかったんです。

横長のワイドミラーも素敵です。

バスルームがちょっとでも広く見えらたいいなと思って。

掃除はちょっと大変ですけどね〜。

こちらは大貴さんの念願だったインナーガレージ。車2台が余裕で入る。

旅行先で感じるような非日常のワクワクを求めて、新居を築いた戸井さんご夫妻。

自分たちの想いを忠実に再現してくれる住宅会社との出会いって本当に大切なんですね。

素敵なご自宅を拝見させていただき、ありがとうございました!

今回のお家の設計から施工までを手がけた〈FeeL Design〉では、ほかにもこんなデザインのお家を建てているそうです。

ガルバリウムと吹き付けを組み合わせたモダンな外観。
大理石調のフローリングで高級感のある空間づくりを演出。
リゾート感覚でくつろげるホテルライクな寝室も「FeeL Design」ならでは。

シンプルモダンを追求したおしゃれな建築ばかりですね!

現在、モノトーンを基調にしたホテルライクなお家のバーチャル内見会を実施中!

こちらのお家が気になったあなたは、「りくつな家」公式LINEアカウントから今すぐ簡単にバーチャル内見会に参加できます!

ただいまキャンペーンとして、バーチャル内見会にアクセスしていただいた方のなかから抽選でデジタルギフト1,000円分をプレゼント中!

まずは「りくつな家」公式LINEアカウントを友達追加!


↓↓↓↓↓↓

友だち追加

※すでにお友だちの方もこちらのボタンからお進みいただけます。


LINEキャンペーンの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓
https://rikutsunaie.com/line/

FeeL Design

フィールデザイン
石川県金沢市若宮1-24
TEL.076-263-0505
営業時間/9:00~18:00
定休日/水曜日
ホームページ/https://feeldesign-kanazawa.com/
お問い合わせフォーム/https://feeldesign-kanazawa.com/contact

新着記事NEWS

もっと見る