日常が非日常になる空間。FeeL Designが手がけるモノトーンの家 | 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

日常が非日常になる空間。FeeL Designが手がけるモノトーンの家

まるでリゾートホテルのようにスタイリッシュなお家を多く手がける『FeeL Design』をご存知ですか?モノトーンやシンプルモダンなテイストがお好みの方は、ぜひ知っておきたい建築会社です。

ちょっと事例を覗いてみてみましょう。

ステップフロアを採用したリビングルーム。
ホテルライクな居住空間を演出したモノトーンライフ。
家に帰ってくる瞬間が楽しくなる特別感のある外観。

自宅とはいっても、非日常感のある佇まい。
こんな家に帰ってこられたら、毎日が楽しくなるでしょうね。

今回は、スタイリッシュなデザインを数多く手がける『FeeL Design』代表の力丸さんにお話を伺いました。

扉を開けた瞬間に感動がある家。

FeeL Designさんのホームページの事例を拝見すると、スタイリッシュでモダンなお家が多いですね。

ありがとうございます。最近は他社さんがあまり手がけていないモノトーンベースの家づくりが多くなっています。ここ最近でいうと、7割くらいがモノトーンベースのお家。ホームページやSNS、内覧会でもモノトーンのお家を出すことが多いので、それを見て好みが合うお客様に声をかけていただくことが多いんですよ。

FeeL Designホームページ:https://feeldesign-kanazawa.com/

デザインの方向性やコンセプトを教えてください。

旅行でホテルなどに泊まったときって、部屋に入った瞬間ワクワクするじゃないですか。ああいう瞬間を普段の生活にも取り入れられたら良いなと思っています。

モノトーンに限らず木の素材を使ったりもするんですが、基本的な考え方は一緒ですね。帰ってきて扉を開けた瞬間に「おおっ」となる家づくりというのが目指すところです。

感動を与えるためにしている工夫は?

そうですね。まっすぐな壁、まっすぐな天井というのは面白みがないので、お客様お一人お一人の好みやライフスタイルによって、全く違ったご提案をさせていただいています。テレビボードや収納などもほぼオール造作でご提案することがほとんどです。

今までの事例を見せてもらいました。

これまでに手がけたFeeL Designさんの事例を見せてもらえますか?

限られた敷地のなかで最大限に明るさを取り込みたいというお客様には、開放感を活かした高さのあるリビングをご提案させていただいたり…

外光が入るようリビング横を中庭にした事例。

お洋服が大好きな方だと、クローゼットの仕切りをあえてガラスにしてお洋服を見せるような収納をご提案させていただいたこともあります。

寝室クローゼットをガラス扉にした見せる収納。

ほかにも、洗面台でお化粧がしたいというお客様には、壁面に照明を埋め込んだ化粧台をご提案したりということもありました。お客様が普段の生活でワクワクできるようなデザインを、一棟一棟ご一緒に考えさせていただくことが私たちの強みだと考えています。

3次元CADでイメージをわかりやすく共有。

すごいですね。確かに見ていてワクワクします。それにしても、デザイン性が高いということは、決めることがたくさんあって迷ってしまいそうです。

そうですね。家づくりというのは、建てる前のイメージ共有が大切です。弊社では3次元CADでデザイン提案をさせていただいているので、実際に家が建ったあとに「イメージ通りの家になった」と言っていただくことが多いんですよ。

3次元CADってどんなことができるんですか?

平面プランと違って、いろんな角度から完成系のイメージをご提案することができるんです。

代表の力丸さん。

ということで、3次元CADを使ったヒアリングを体験させていただきました。

たとえば、この天井を、ちょっと違う素材にしたいなと思うでしょ、そしたら好みの素材を選んでいただければ…

ほら、こんな感じで、一瞬でイメージを共有することができるんです。

なるほど!これなら建てる前に見られて安心ですね。

そうですね。私たちの場合3次元CADをお見せしながらご提案するので、建ててから「イメージと違う」ということがないですね。最初に全体的なご提案をして、細部はここの素材をちょっと変えたいとか、ここをタイルじゃなくて木にしたい…とか、一緒に見ながら決められます。

デザインはもちろん、性能や構造も大切。

FeeL Designさんの考える「良い家」とはどんな家ですか?

人によって「良い家」の定義はバラバラだと思うので、家づくりというのはあくまでもバランスが大切なんだと思っています。デザイン性はもちろんですが、性能や構造というのも、安心して生活をしていくうえではとても重要です。性能や構造をきちんと一般性能値以上のものを必ずクリアしたうえで視覚的に楽しめるお家というのを実現させています。

花火を見るために大きなバルコニーを設けた物件。

性能や構造でこだわっているところは?

標準値以上は必ずクリアすることです。もちろん性能や構造というのは、お金をかけたらどこまででも良いものは作れちゃうものなので、どこまでお金をかけるかというバランスはお客様と話し合って決めています。ただ、デザイン重視の性能が低いお家っていうのは絶対に建てません。

力丸さんは図面から書かれるんですよね。

はい。ヒアリングから携わって、図面を書いて、施工もします。うちの会社はもともと建築設計事務所としてスタートしたんですが、現在は設計から施工まで全てを一貫して請け負っているんです。設計段階のデザイン性がや機能性が、実際の工事でしっかりと再現できるのが強みだと思っています。

一軒一軒をプランの段階から完成までを一貫して請け負う。

家づくりは楽しさの共有。

こんなにデザイン性が高いと、ちょっとお高いんだろうな…。

内見会に来られた方はみんな、まずは「高いんでしょ」とか「高そうですね」って言われます。しかしお値段をご提示すると「あれ、意外に安いんですね」って言われることが多いんですよ。

ウチのようなデザインとか同じくらいの性能でやられている会社さんと比較すると、数百万円安くなることもありますね。

えっ!本当ですか!?
なぜ価格が抑えられるんですか?

単純に図面から施工までということで、少人数でやってるというのもあるんでしょうね。

図面から施工まで少人数でこなすのって大変そう…

すごく大変です(笑)。同業者からも「もっと金額取ったら?」って言われることもあるんですが、うちは基本的に家づくりが好きな人間が集まってやっている会社ですので。

家づくりは楽しいですか?

うーん、そうは言っても、家づくりが楽しいのは最初と最後だけですね(笑)。お客様と一緒にプランを考えているときと、出来上がったときはもちろん楽しいです。しかし途中工程はもちろん大変。うちは想いが強いスタッフ、職人さんが揃っているので、全員常に本気。意見がぶつかることもあるんです。

水辺を臨むように設計した別荘を手がけたことも。
リビングからはパノラマ風景を楽しむことができる。

お家が出来上がった時はどんな気持ちになりますか?

完成間際で必ず「泊まりたい」と思います(笑)。想いを込めて作っているので、引き渡しの間際で必ず寂しくなりますね。

それだけ、一棟一棟本気で作っているという証拠ですね!

お客さんにとって家づくりは一生に一度の買い物です。私たちは常に知識や感度をアップデートして、私たちが知るすべてのことをお伝えして表現していきたいと思っています。

素敵なお話をありがとうございました!
毎日がワクワクするようなお家を建てたい方は、ぜひ一度FeeL Designのヒアリングを受けてみてはいかがでしょうか。

現在、「FeeL Designが手がけるモノトーンの家」バーチャル内見会を実施中!

「りくつな家」公式LINEアカウントから今すぐ簡単にバーチャル内見会に参加ができます!

キャンペーンとして、バーチャル内見会にアクセスしていただいた方から抽選でデジタルギフト1,000円分プレゼント!

まずは友だち追加ボタンをクリック
↓↓↓↓↓↓

友だち追加

※すでにお友だちの方もこちらのボタンからお進みいただけます。

FeeL Design

フィールデザイン
住所/石川県金沢市若宮1-24
TEL.076-263-0505
受付時間/9:00〜18:00
定休日/水曜日
ホームページ/https://feeldesign-kanazawa.com/
お問い合わせフォーム/https://feeldesign-kanazawa.com/contact

新着記事NEWS

もっと見る