住まいの〈プロ〉夫妻が家を建てるとどうなる!? 住宅を知り尽くした営業マンのご自宅拝見! | 家づくり応援WEBメディア りくつな家

りくつな家 家づくり応援 WEBメディア りくつな家 家づくり応援 WEBメディア

住まいの〈プロ〉夫妻が家を建てるとどうなる!? 住宅を知り尽くした営業マンのご自宅拝見!

こんにちは。りくつな家です。
突然ですが、あなたが思う「良い家」ってどんな家ですか?

りくつな家の好評シリーズ「住宅会社の営業マンが建てた家」の第二弾として、年間約120棟の家を手掛ける〈株式会社 アントール〉の営業マンである丹羽さんがご自宅を建てたと伺い、取材に行ってきました。

住宅の〈プロ〉が建てたお家を拝見!

シンプルモダンな外観のお家。

グレーの外壁と直線的なデザインがカッコいい外観。
玄関脇にある雨樋がくさり樋になっているところにこだわりを感じます!

さっそくお邪魔します!

スタイリッシュな和モダンテイストの玄関。
中から玄関扉を見た様子。差し込む光が素敵。

なんだろう、この画になる感じ…。
禅の心を感じるような、落ち着きのある佇まいです。

左手の障子扉を開けると、リビングになっているそうです。

ちょっとおしゃれな小料理屋に来たみたい。
ダイニングスペースが広く取られているのが特徴なんですね。

それではアントールの丹羽さんにこだわりポイントを伺いましょう!

丹羽さんはいままで数多くの家を見てきたと思うんですが、自分の家を建てるにあたり、ここだけは譲れない!って部分はあったんですか?

どうしたらスッキリ見えるかというのはかなり意識しました。例えば幅木をなるべく細くしたかったので造作で作ったり、窓も窓枠をなくして、壁がそのまま窓に繋がる設計にしてるんです。

こだわりポイントがいきなりマニアックだ…

あとは建具ですかね。枠のない天井埋め込みレールの〈アウトセット〉という取り付け方にすると、費用も少し抑えつつ建具周りをスッキリした印象にすることができるので、部屋の入口すべての箇所にこの形式の引戸を採用しました。

さすが山ほど家を見ている営業さん。今回は聞き応えがありそうです。

生活導線をとことんまでシミュレーション。

あっ、よく見るとリビングとダイニングが別れた作りになっているんですね。

キッチン右手に見えるのがリビングスペース。

ダイニングスペースをメインにしてるんですね。

友達を呼んで宅飲みするのが夫婦揃って好きなので、ダイニングテーブルを主役にする仕様にしようと思ったんです。今入っている家具のは内覧会用のレンタル品なんですが、来週には僕たちが選んだ円形のテーブルが入る予定なんですよ。

おおー、円テーブル。

そうなんです。奥さんがインテリアショップに勤めているので、せっかくなのでそこのインテリアを入れようと思いまして。このダイニングはその円テーブルを置きたいがためのプランニングだったんです。宅飲みできるように円テーブルを入れて、あとはテーブルを中心に窓際に座れるところを作りたいなという。

ベンチの下は収納スペースになっている。

なんと、奥さんもインテリアのプロだとは…

一番広くて吹き抜けのある空間は人が集まる空間にしたいなと思って。逆にリビングは本当にくつろぎたいときに使うところにしたかったんです。例えば将来子供が友達を連れてきても、リビングにいれば全然お互い気にならないなとか。

なるほど。

よくリビング階段をつけている人から、そういうご意見も聞くんですよ。お休みのときにお子さんの友達が来て、くつろいでるところを見られるのが嫌だっていう。それも踏まえてこういう配置にしてみました。

くつろげるリビングスペース。

玄関からの動線に対して気にならない場所にリビングを設置しているので、急なお客さんが来ても慌てることがなくリラックスできるということですね。これは抜かりない!

あれ?リビングのソファの上に、小窓があるのを発見。

ソファの上に小さな窓。

これは何のための窓ですか?

キッチンからでもテレビが見えるようにっていう意図と、どちらかがリビングでくつろいでいても、キッチンから何か出してあげられるようにという意図があるんですよ。

はい、ビールおかわり!みたいな感じですか?

そうですね(笑)

キッチンからもリビングに置いてあるテレビが見える。

抑えられるところは抑える工夫も忘れない。

ところでキッチンカウンターのタイル、カッコいいですね。

実はタイルの中でも比較的安価なものを使ってるんですよ。なるべくコストパフォーマンスが良い方法を探そうと思いまして。

まるでおしゃれな飲食店のようなキッチン。

食器棚も造作風に見えるんですけど、じつは既製品を組み合わせて作ってるんですよ。

えーっ、てっきり造作だと思いました。

本来は天板に人造大理石のカウンターが乗るんですが、それをやめて、扉と同じ面材のカウンターを自分で乗っけたんです。

そんなこともできるんですか。

そうなんです。既製品をうまく組み合わせて造作風に見せるというアイデアです。自分の家だからいろいろ試してみて、良かったらお客様にも提案できるなと思いまして。

ほかにも、試してみたことはありますか?

自分で試して良かったらお客様にもおすすめしようと思って、壁をセルフペイントしたんです。

全部ですか??

リビングに面してるところは全部。友達を2人呼んで3人がかりで2日間くらいかけて塗りました。

天井も吹き抜けもすべてセルフペインティングしたそう。

上手ですね〜

やっぱり素人なのでムラはできるんですが、そのムラも良い味になりますし、やっぱり愛着が湧くんですよね。タッチアップも自分でできるので、手入れがすごく楽なんです。

お客さんでもやりたいっていう人はいるんですか?

そうですね。塗料は施主さんの方で購入してもらって施主支給という形になるんですが、僕も自分の家で経験しましたので、お手伝いはできます!

お手伝いって、もしかして…

僕も一緒に塗ります!

どこか一部屋だけでも自分で塗ってみると、思い出にもなるし良いと思いますよ。

さては丹羽さん、家づくりマニアだな…

実用性と遊び心がミックスした飽きない家。

ところで、奥様と丹羽さんの意見はどうやってミックスしたんですか?

普段お客さんとやりとりするときも同じなんですが、まずはお客さんの希望を満たしたうえで、僕自身のアイデアを提案するようにしてるんです。自分の家でも一緒ですね。まずは奥さんの希望を聞いて、僕の好きなことも全部入れました。

次は2階を拝見します!

寝室もまた素敵ですねえ。

主寝室の壁にはプロジェクターをつけて、ゆったり映画が見られる寝室にしようと思っています。

寝室の前に小さな手洗い場所を発見。

寝室に水道があるって珍しいですよね。

あ、これは僕が寝る直前までコンタクトをつけてるので、外してすぐに寝られるように設置しました。

めちゃくちゃ抜かりないですね。

(笑)。ちなみに、手洗いの下には小さい冷蔵庫を置く予定なんですよ。

寝る直前まで映画観てお酒飲んで、ここで歯磨きしてすぐ寝れるっていう最高なやつですね。

子供部屋も見せてもらいました。

寝室のお隣は子供部屋ですか?

造作で板が渡してある子供部屋。

そうです。収納をつけたときにできる窪みに造作でデスクスペースを作りました。

それは良いですね!学習机も買わなくて良いし。

ベッドを置けば部屋が完成するような間取りにしています。

なるほど〜。これからの子供部屋のスタンダードになりそうなアイデアですね。

プロが考える〈良い家づくり〉って?

それにしても今回インタビューさせてもらった丹羽さん。
家づくりに対する熱量がハンパないぞ…。
営業さんっていうより、どちらかというと作り手さんみたいな印象です。

聞けばそのはず、営業だけではなく図面まで自分で書くようにしているんだとか。

設計士ではないので、あくまでも意匠設計として、間取りや内観・外観のデザインをしています。

さっきから思ってたんですが、丹羽さんって営業っぽくないですね。

本当ですか?(笑)
そう言われてみると、図面書いてる時とお家のことを考えている時が一番楽しいですね。

家づくりそのものが好きってことですか?

好きです好きです。家作り好きですね。だからお客さんと話してて要望聞くのとかもすごい好きで。もちろん大変だったり辛いことも多いんですけど、図面書いてるときと無事に完成してお引き渡しするときがそれを上回るくらい楽しいんですよ。

それはお客さん的にはめちゃくちゃ心強いですよね。営業さんも楽しんで一緒に作ってくれるっていう。

家づくりは楽しむのが一番だと思います。お客さんにも「遠慮なくなんでも言ってください、ぼくもこの仕事好きなので」って伝えてます。希望は全部共有した方がが絶対良いものができますし、お客さんも悔いが残らないと思うので。

コロナ禍にも関わらず、業績を伸ばし続けるアントール。

家づくりにまっすぐで、一生懸命で。

建てた人の満足度が高く、紹介や口コミで顧客が広がっているのが伝わってくるようなインタビューでした。

インテリアショップ勤務の奥様がチョイスした家具が入ったバーチャル限定内見会を実施中!

取材を行なってから数日後…
アントールの丹羽さんご夫婦から「家具が入りました!」という連絡があったので、早速追加取材に行ってきました。

円テーブルが入ったダイニングルーム。時間を忘れるくらい居心地が良い。

家具を変えると家がどう変わるのか、ぜひ「りくつな家」公式LINEアカウントからバーチャル内見会に参加してみてください。

ただいまキャンペーンとして、バーチャル内見会にアクセスしていただいた方のなかから抽選でデジタルギフト1,000円分をプレゼント中!

まずは「りくつな家」公式LINEアカウントを友達追加!


↓↓↓↓↓↓

友だち追加

※すでにお友だちの方もこちらのボタンからお進みいただけます。


LINEキャンペーンの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓
https://rikutsunaie.com/virtual-previews/

株式会社 アントール

[本店]
石川県七尾市上府中町ス8-1
TEL.0767-53-4311
フリーダイヤル/0120-87-3746

[金沢本社]
石川県金沢市森戸2丁目216番地
TEL.076-287-3746
フリーダイヤル/0120-87-3746

[金沢鞍月支店]
石川県金沢市近岡町101-1
TEL.076-201-8877
フリーダイヤル/0120-88-7714

[金沢南支店]
石川県金沢市光が丘3丁目255-1
TEL.076-225-3065
フリーダイヤル/0120-25-3065

ホームページ:https://www.antol.jp/

新着記事NEWS

もっと見る